フレンチカットグラン公式サイト

フレンチカットグランのテーマ

フレンチカットグランのテーマは、A~Cです。

テーマA
  1. 客が美容師に求めているものは、手入れのしやすい・リメイクがすぐ出来る・カット後まとまりの良く・持つカットです。勿論、美容師もそのことは分かっています。
  2. ところが、不思議なことに美容技術の中に、そんな技術は全く存在しません。具体的にこうすればカットが持つという、理論も無ければ、技術もありません。
    その矛盾に挑戦し、客・美容師の求める「(手入れのしやすい)持つカット」の理論・技術・専用具を一貫して完成させたのが≪フレンチカットグラン≫です。
  3. 千差万別の髪質・毛量・毛流を一定の標準値にしようというのが、フレンチカットグランの考え方です。一般の方に、分かりやすく伝えるために[テキスタイルカット]とも言っています。 ※テキスタイルとは~紡いだ糸を布地にしてから、洋服を作るということです。自然のままの髪を、または、前のカットでぐちゃぐちゃにされた髪を一定ルールに沿って整えてから(布地にしてから)カットしましょう、というのがフレンチカットグランのテーマです。
テーマB
  1. 美容室を1本の木に例えたイラストです。
  2. 美容室の集客は、カットで行うのが王道です。
    ところが、最近はずっと周辺メニューで集客を図ろうとしています。
    そのことごとくが失敗です。例を上げるまでもありません。
    最近はヘッドスパと称して、集客しようとしているが、そういう周辺メニューは一時的なもので美容室の経営を大きく変えるもの
    ではありません。カットで多くの客を集客することで、カット以外の周辺メニューにもつながっていくことを忘れています。
  3. 日本政策金融公庫が2010年8月6日に発表。
    2010年第1四半期(4~6月)は、客単価の低下が31.2%、顧客数の減少は67,9%、とある。客単価の低下の原因は、他店との
    差別化が出来ず、キャンペーンという名の値下げ競争に終始しているからである。顧客数の減少は、カットを大事にして進歩させなかったことにある。客が求めるものを提供せず、その理由を客の髪質のセイにしてきた報いである。
テーマC

美容室の各オーナーも、色々と売り上げをアップするための努力はしているが、効果がなく、自信を無くしている人が多い。そんなオーナーのために、講師達が事実に基づいたフレンチカットグランの体験談を語り、鼓舞・勇気づけることもテーマの一つです。

 

講習会開催予定はこちら