フレンチカットグラン公式サイト

クセ毛で多毛の方でも悩んでいないことがあります

111

フレンチカットグランを導入されたサロンさんの多くは 実例を見る にあるように

体験されたお客様と一緒に技術者も喜びを共有していると思います。

 

特に新規のお客様の場合は

千差万別のお客様の髪質や日常生活でどのようにお手入れされているか、

くくることが多いのかなどをしっかりお伺いし、プロの目で見極めることが重要です。

 

髪が多い方でも悩んでおられない場合もあります。

特にロングヘアーの方は重みで髪の多さが収まっていることもあり、

フレンチカットグランを希望しない方もおられます。

髪が多い=悩み ではない方もいらっしゃるので、

現状で満足されている場合はフレンチカットグランをしない選択をします。

 

フレンチカットグランの説明に納得して施術に入る時には、

①【アホ毛】が出ないように表面はカットしないようにする。

②初めてフレンチカットグランを施術する際には髪の一番目立たないところを

カットして見せて、どれくらい取れているかをお客様に確認していただく。

 

フレンチカットグランの失敗やデメリットは使い手のお客様への【思いやり】で

回避できることばかりだと思っています。

フレンチカットグランセミナーは全国で開催していますので、チャンスがあれば

疑問などを講師に直接聞いて見るのもいいのでは?

フレンチカットグラン講師会の講師たちは

それぞれ10~15年のフレンチカットグランの引き出し(実績)があります。

どれだけたくさん引き出しを開けて持って帰るかは受講される方次第です。

【毎回新しい発見があります!】と何度も受講される方もおられます。

 

1回の展示講習でフレンチカットグラン技術を見てすぐに専用具を使い

サロンワークで取り入れることができる方もおられます。

また、サロンで導入するにあたり何度も講習に参加し、自分でまず検証して

納得してからお客様に提供する方もおられます。

自分自身がどちらのタイプの技術者か認識することも大切かと思います。

お客様にこんな思いをさせて悲しませないようにしたいですね。

講習会についてのよくある問い合わせ
講習会の日程

 

展示

jitugi

 

 

 

 

  • メールマガジン。フレンチカットグランオフィシャル情報を発信中。