多毛くせ毛を活かせる新技術フレンチカットグラン公式サイト

えっ?カットで髪が傷むの?

美容師は毎日ハサミを使いますが、「髪が何故切れる 等」ハサミのサイエンスを知りません。
その為、ハサミの機能を無視したとんでもない使い方が当たり前になり、貴方の髪はカットの度に“悲鳴”を上げています。
恐ろしい事は、美容師本人が、カットで「髪を傷めている」という意識を持っていない美容師が多いのです。

▲美容師が髪を傷めている!
断面が大きくなるほど、髪のダメージは大きくる。
枝毛・切れ毛の原因です!
美容師は髪の断面が大きくなる切り方を「技術」と呼び、あなたの髪を傷めています。

包丁とハサミの違い

包丁は一つの刃で切ります。
ハサミは、ふたつの刃で挟み切る道具です。 「ハサミで髪を挟んだ時」働く力によって挟み切られます。(詳しくは、左図参照)
包丁のように「スパッ」と切れている訳ではなく、ハサミの切り口は汚い。

剪断(せんだん)→物体のずれに加わる力が大きくなると、そのはたらきにより、物体が切れること。
ずれ:物体の上面と下面に反対向きの力が 平行にはたらくときにおこる。

ところが、美容師は「振る」・「抜く」とか、髪を斜めに切り、わざと断面積を大きくしています。
貴方の髪は、“虐待”に耐えています。
美容師の「振る」・「抜く」・髪を斜めに切る 等は、スタイルを創る上で、意味がありません。
巧く見せよう、カッコよく見せよう、自己満足に浸っているだけ・・・。
貴方の髪は、「痛い」とか「助けて!」とか「ツライ」とか言えません。
カットの後、髪のバサバサ・カサカサ・チクチクは、髪が貴方に助けを求めている声です。
貴方の髪は“フレンチカットグラン”を求めています。